この世には神の言葉が存在する。

タイトルがなにかの宗教のようだ(笑)

だけど私はそう思う。感じる。確信している。だからこそ、備忘録を残したいと思ったのだし、ブログを再開させたのだ。

この世には、神の言葉が存在する。それも、とってもたくさん。あらゆる物語の中に、メディアの中に、どこからか聞こえてくる音の中に。

それを受信できるかどうかは、個々のアンテナの感度にかかってくる。そして、受信できる限り受診しておいた方がいい、と思っている。

なぜなら、それは概ね私たちに好意的であり、私たちの人生をより良くしてくれるモノだからだ。

以前、チャネリングを勉強していた時に、天使と悪魔の声の区別の仕方を教わった。

天使や悪魔が実在しているとか、そういう話では、無い。ただ、自分を魂の本質とか、喜びとか、そういう善いといわれる方へ導いてくれる言葉を便宜上「天使のメッセージ」と言い、逆の方向へ導く言葉を「悪魔の囁き」と言っているに過ぎない。

少なくとも、私はそんなふうに捉えている。

それらはどちらも、降りてくる言葉である。

どこで、天使と悪魔の言葉を判断するのか?チャネリングを始めた人は、迷うことが多いよね。

言語化するのは難しけれど、言葉を受けた時の自分の精神と身体の状態が健全であるか?は1つ大きなポイントになる。

やっぱり、健全な精神は健全な肉体に宿るのでね。これは、五体満足とかそういうことでは無いよ。その方その方の健全な状態ということだからね。

それから、その時に罪悪感を感じているかどうか。罪悪感は、魂の本質から1番遠いところの波動を持つらしいから、そういう時のメッセージは気をつけた方がいいよね。

あとは、自分を貶めたり傷つけたりする声や、怒りや呪いの声なんてのも、スルーした方が良いモノだね。

ザックリだけど、健全な状態の時の前向きな言葉なら天使のメッセージ、そうでなければ悪魔の囁きといったところ。

あ、健全な状態というのも、happyだったり心身が安定してるという時だけではなくて、困った時には困ったなあと思ってて、どうにかしたい!と思っていれば健全です。

因みに、チャネリングはみんな出来ます。特に女子どもは得意です。だいたい無意識にやってるので、気付かないことが多いです。

お仕事でやるとしたら、やっぱり勉強は必要になるし、自分自身のスピリチュアリティをしっかり磨いていくことも必須だと思います。

さて、そんなわけで、これからは、私のアンテナで受信した神やら天使やらの言葉について書いていきます。

「物事は全てやるか、やらないか。成功も失敗もやったから起こること。やらなかったら何も起きない。」

@ゴブリンスレイヤー外伝

何をするかは人それぞれ。何を成したいかも人それぞれ。何もしない人生に意味はあるのか?あると胸を張って答えられる人以外、それは使命では無いだろうね(笑)

輪廻転生を繰り返していくとしても、魂が不滅の存在だとしても、いま、この瞬間に、自分の意識がある人生を、どうしたいのかを考えて生きていくって大事だね!!

それでは、今日もhappyな1日を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。